Hammond Organ B-3について(Jazz Organ 野田正純)

     

野田正純

Top

Noda Blog

ライブ情報

発売CD

ライブアルバム

講演、講義

フォトギャラリー

出版物

レッスン案内

おすすめCD

Hammond B-3

プロフィール

リンク

お問い合わせ

 

ハモンドオルガンについて

1934年、英国人発明家のローレンス・ハモンドによって、
ハモンドオルガンA型が作成されました。
真空管を使用し、金属の歯車を同期モーターで回転させ、
感応コイルに交流をおこさせるという方法で、正弦波をつくりました。
金属の歯車を使うことから、「トーンホイール式」と言われます。

B-3

ハモンドオルガンB-3は、トーンホイール式オルガンで、真空管を使用しています。
本来ハモンドオルガンは、クラシック用のオルガンとして開発されたものですが、
B-3はジャズ、ロック、ポピュラーなどの多くのジャンルでも愛用されています。
製造中止になってから20年以上たっていますが、いまだに根強い人気を維持しています。

自宅のB-3

 

Hammon Organに関するホームページ

Urban Music(アーバン・ミュージック)

ワイエスコーポレーション


Last update 2015.1.11

Copyright (c) 1997-2030 Masazumi Noda